ようこそ
「プロジェクト・デザイン・キャンプ」の紹介ページへ!

プロジェクト・デザイン・キャンプとは:
「未知への一歩」を支える学び・相談・実行支援サービスです

プロジェクト・デザイン・キャンプとは、「予定通り進まないプロジェクトの進め方」(宣伝会議)の著者である後藤洋平が提供している、企業における「マイ・プロジェクト」(事業活動における新たな取み組み)の推進を支援するための仕組みです。

私達がお役に立ちたい、企業の「マイ・プロジェクト」とは

私達が、経営者・事業オーナー様の役に立ちたいのは
「事業の現状を打破し、新しい姿を目指す取り組み」です。

新しいことをやりたいが、知識が不足している。
目的・目標・手段・プロセスの構想に、不安がある。
しかし、誰に相談すればよいか、適した人が近くにいなくて、困っている。

そんなときに、問題の整理と必要な知識のご提供を致します。

例)
●これまで受託開発を中心に事業を展開してきたが、自社プロダクトを打ち出していきたい
●業容拡大のために、新たな顧客層や市場を開拓してきたい
●動画広告や、コンテンツマーケティング等、新たな広告手段を活用してみたい
●業務に新たなITサービスを導入したい
●経営状況を改善するために、評価制度や人事制度を改定したい
●従業員の増加に伴って、社内の教育体制を再構築したい
●次世代経営者に、良い形で経営をバトンタッチしていきたい
●長年、試行錯誤してきたチャレンジに、本当に将来性があるのかないのか、確かめたい
●本当は終わらせたいこと、ケリをつけたいことを、どうにかしたい
 などなど・・・

事業活動において、新たな一歩を踏み出すときに、目的・目標と手段を適切に設定するのは、意外と難しいものです。

昨今、ITを始めとする技術的な領域はもちろんのこと、経営理論や顧客開拓手法、業務改善や利益向上施策など、ありとあらゆる経営テーマに、続々と、新しい波が押し寄せています。しかし、これだけメディアが発達しているにも関わらず、あまりにも玉石混交な情報が氾濫し、良き出会いをすることが、むしろ難しくなっています。

経営者が、いま・ここで、必要な情報を、最短の時間でお届けしたい。

それが、この事業を始めるにあたっての、思いです。

なぜ、お役に立てるのか

どのような規模の企業であっても、ある程度、事業が確立いたしますと、必ず業務が「ルーチンワーク化」します。
ルーチンワーク化は、効率や品質の向上のために必要なことでもありますが、ともすると、成長や変革の阻害要因にもなります。

経営的な意思として、いまある現状を打破し、新しい姿を目指していこうとしても、社内の幹部層や現場サイドがそれを受け入れがたく感じてしまい、せっかくの企画にかえって意見の齟齬や摩擦が生じてしまい、停滞してしまうことも多いものです。

もちろん、いま目の前にある仕事や組織を「守る」のは大事です。
そして同時に、未来に向けての「攻め」もなければ、企業の存続は難しいものです。

弊社の代表者である、プロジェクト進行支援家の後藤は、そうした「新たな一歩」を踏み出すにあたっての、齟齬や摩擦のマイナス面を極力減らし、関係者の心のうちに眠っていた意欲を引き出し、新たな一歩を踏み出すための方法を開発してまいりました。

数多くの実績を積んできたなかで、ひとつの体系ができてまいりましたので、この度、社会に広くご提供するため、本事業を開始することに致しました。

どのように提供するか

こうした変革的な取り組みを、外部の人間がご支援するという業務は、本来は、一件一件手作りで、長い時間をかけて信頼関係も作っていきながらでないと、成立いたしませんが、「プロジェクト・デザイン・キャンプ」では、まさにその点を工夫しています。

「必要なことを知り、理解する過程」と「考える過程」を、オンデマンドで利用できる動画とワークシートの形にすることで、効率的に論点整理を行い、情報共有をし、取り組みの意義や現状について可視化することができます。

あらかじめ、お好きな時間、場所で、必要なこと知り、学び、考え、表現していただき、そのうえで実際に、経験豊富な実務家相談員からご助言を差し上げる、という形式とすることで、取り組み推進の阻害要因を、最短の時間で取り除くことが可能となっています。

お引き合わせする実務家相談員は、いわゆる職業的なコンサルタントではありません。弊社の代表である後藤が、実際に接点を持ち、対話し、人柄が真っ当で、真摯にことにあたる実務家であると信頼している方々です。

実務家相談員のご紹介!

相談員は、お取り組みの内容に応じて、ご指名いただくことが可能です。

優しい心で、相手本位に、誠実に対応できる実務家であることを、ゴトーラボが、責任を持ってお約束致します

相談員名前プロフィール紹介
業務の改善王
こと
山田 建太郎
本業
・地方の中小企業を元気にしたい!
・「株式会社業務の改善」の代表取締役

専門分野
・ITを用いた業務改善の立案、導入Prjのディレクション
・google Appsを用いた業務システムのプロトタイピング
・中小企業経営におけるお悩み相談
・膨大な情報をコツコツとリサーチし続けること
事業企画の壁打ち名人
こと
今井雄大
本業
・リアルエンタメを元気にしたい!
・「株式会社b-jam」の代表取締役

専門分野
・マーケティング視点での事業構想の点検
・IT開発業務の、ビジネス側視点でのディレクション
・商談リードの創出から管理までの一連の業務管理
・その他、経営戦略の策定から業績の予実管理等
聞く人
こと
結縄久俊
本業
・「聞く人ラジオ」パーソナリティ
・映像制作

専門分野
・ただただとにかく、お話を聞くこと
・聞くことで、「大切なこと」に気づいてもらう
・プロモーションからアート作品まで、映像や音源の制作
・社内ラジオやコワーキングスペースの運営
・演劇等の舞台経験あり また、司書の資格も保有
営業と人事の二刀流
こと
山口雄豊
本業
・ブライダル企業の人事部長

専門分野
・経営理念の見直し、またそれにともなう各種制度の見直し
・新卒採用業務の目標達成に向けた戦略作りと実行
とにかく陽気なプロトタイパー
こと
三冨敬太
本業
・大学研究室でのプロトタイピングの研究
・研究結果の実ビジネスでの実践

専門分野
・プロトタイピングを活用した事業開発
・グラフィックデザイン、UXデザイン
・サイゼリヤへの愛情ある考察
データ可視化の求道者
こと
矢崎裕一
本業
・データビジュアライゼーション
・大学講師、企業向けの研修

専門分野
・インフォグラフィックス
・デザイン、アートディレクション
・シビックテック
考察王子
こと
ヤマグチタツヤ
本業
・ヨハク 代表
・ポップソングから経営、人生相談まで、あらゆるものを考察

専門分野
・イラストレーション、デザインワーク等のディレクション
・コピーライティング、その他各種ライティング
・インナーブランディング等の組織開発業務
やりぬく映像作家
こと
永井聡史
本業
・ハイクオリティな映像制作
・フォトグラファー

専門分野
・映像に関する、企画、制作、ディレクション
・誠実な中小企業、メーカー、飲食店等向けのyoutube運営支援
バックオフィスITの伴走王
こと
清水一茂
本業
・中小企業向けのバックオフィス業務改善、IT導入支援

専門分野
・生産管理のための情報システム基盤構築
・要件定義、開発ディレクション、開発実務
・RPAや業務改善SaaSの、スモールステップ導入
・中小企業診断士の資格も保有
社会人基礎力の熱血先生
こと
加藤 郁生 
本業
・学生や社会人若年層向けのビジネススクール
・若年層向けの研修プログラム開発

専門分野
・実務を通した社会人基礎力の診断、判定
・社会人基礎力のマンツーマン指導
・ポテンシャルがあるのにくすぶっている状態から一歩抜け出す
・当たり前のことをしっかりとできるようになるためのサポート
・社内の研修体系やプログラムの見直しに関する助言
事業成長にコミットする
法務的支援者
こと
平本大城
本業
・Forte法律事務所 弁護士

注力分野
・ベンチャー/スタートアップ法務全般
・ITサービスにおけるビジネスモデルの適法性検討
・各種契約書面の作成
IT開発もわかる
IPOへの案内人
こと
横山大輔
本業
・公認会計士及び税理士
・横山大輔公認会計士・税理士事務所 代表

専門分野
・上場準備業務
・会計、税務に関する業務
・ITシステムのフロント/バックエンド開発に関する知識
・SEO等のインターネット広告に関する知識
プロジェクト進行支援家
こと
後藤洋平
本業
・プロジェクト進行支援
・「株式会社ゴトーラボ」の代表取締役

専門分野
・プロジェクトの状況や活動における「原理」や「型」の考察
・事業運営や事業開発における「テーマ探し」
・従業員の教育体系整備についての助言
・ITサービスの導入やカスタマーサクセス等

サービス導入の流れ

①まずは、オンラインにて無料相談を実施し、どのようなお悩みを持っておられるかをお伺いします

②ご提供する学びのコンテンツと、お引き合わせする相談員について、ご提案させていただきます

 ※基本プラン:プ譜の作成 + 後藤との作戦会議 + 相談員との相談 + 一定程度の実作業 = 198,000円(税込み)

③ご発注となりましたら、スケジュールも調整のうえ、サービスを実施させていただきます

以下のフォームから、是非、ご相談をお寄せください!

これだけメディアが発達しているにも関わらず、あまりにも玉石混交な情報が氾濫し、良き出会いをすることが、むしろ難しくなっている世の中であると、痛感しております。

そんな時代だからこそ、事業オーナーや経営者と、実践の最前線をゆく専門家の両者が、出会うべきときに、出会うべき形で出会うことが、多くの社会課題や組織課題を解決するきっかけになると、当社の代表である後藤は、信じております。だからこそ、人間同士の信用・信頼という、最も基本となる価値に立ち戻り、「プロジェクト」という言葉を合言葉に、よい出会いを生み出したいと思っております。

「知ること」で生き残る確率は大幅に上がります。「わからない」よりも「できるかもしれない」方が生死を分ける状況判断で結果に著しい成果をもたらします。(©冨樫義博)

ぜひ、お問い合わせをいただけると幸いです。

↓ 以下のリンク先から、後藤への無料相談の面談予約を直接取っていただくことが可能です! 是非、お気軽に、どうぞ。↓

https://calendar.app.google/yRVEuFePipUu5doh8

    運営者紹介